在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

   1999年06月28日発売

ヘーゲル
大論理学
【2巻 本質論】

寺沢 恒信 訳

A5判箱入り 上製カバー装 470頁
定価:本体7,500円+税
ISBN 4-7531-0206-8 C3010 
   〔近代の再検討が根源的に問われるなか、近代的思惟の原点の翻訳〕 

『精神現象学』が出版されて間もない1807年07月08日に、ヘーゲルはニートハンマーに宛てて「出来るだけ多くの力を」自分の論理学総論の仕事に注いでいると書いている。『大論理学』全三巻は、1812年から1816年にかけて出版された。しかし、当時の書評界からこの著作にたいして一願だに与えなかった。・・・・・
最近20年間のヘーゲル受容においてはじめて『大論理学』にたいして、ヘーゲル自身の理解にふさわしいと思われる位置づけがなされるようになった。
絶対的否定性は、絶対的概念の構造そのものであるから、主観性の構造である。したがって『大論理学』は主観性の理論のまったき姿である。『精神現象学』の「序文」で定式化された意図、すなわち実体を同様に主体としても把握することが問題だという企図は、『大論理学』においてはじめて果たされる。ここでは、実体の弁証法的運動が概念のもっとも直接的な起源となっているのである。

ヘーゲル論理学の成立史研究に生涯をささげた訳者による画期的訳業。明解な訳文、綿密な校訂にもとづく周到な注解と付論からなり、ヘーゲル論理学の正しい理解への道を拓く。とくに第1巻は、ながく等閑視されてきた初版本(1812年)を高く評価した翻訳であり、初版本の意義を究明して余すところがない。
うらむくは、訳者の急逝により、第3巻の「訳者注」がその前半部分のみにとどまり、添えられるはずであった『大論理学』全3巻を初版の形で読む意義を論究する「付論」が、ついに実現されなかったことである。

【訳者紹介】
寺沢 恒信 (てらざわ つねのぶ)
1919年名古屋市生まれ。
1941年東京大学文学部哲学科卒業。
1998年没。
著書:『認識論史』(青木書店)、『弁証法的論理学試論』(大月書店)など。
訳書:レーニン『唯物論と経験批判論』(大月書店)
    ルビンシュテイン『存在と意識』(青木書店)など。

【目次】
訳者のまえがき

第二書 本質

第一編 それ自身における反省としての本質
第一章 仮象
A 本質的なものと非本質的なもの
B 仮象
C 反省
 一 定立的反省
 二 外的反省
  注解
 三 規定的反省
第二章 諸本質態または反省諸規定
  注解 命題の形式における反省諸規定
A 同一性
  注解一 抽象的同一性
  注解二 第一の根源的思考法則・同一律
B 区別
 一 絶対的区別
 二 差異性
  注解 差異性の命題
 三 対立
  注解 算術の対立した大きさ
C 矛盾
  注解一 肯定的なものと否定的なものとの統一
  注解二 排中律
  注解三 矛盾律
第三章 根拠
  注解 根拠の命題
A 絶対的根拠
 a 形式と本質
 b 形式と質料
 c 形式と内容
B 規定された根拠
 a 形式的根拠
  注解 同語反復的な根拠からの形式的な説明の仕方
 b 実在的根拠
  注解 根拠づけられたものとはことなった根拠からの形式的な説明の仕方
 c 完全な根拠
C 制約
 a 相対性に無制約的なもの
 b 絶対的な無制約的なもの
 c 事柄の現実存在への出生

第二編 現象
第一章 現実存在
A 物とその諸性質
 a 物自体と現実存在
 b 性質
  注解 先験的観念論の物自体
 c 諸物の交互作用
B 諸物質からの物の成立
C 物の解消
  注解 物質の有孔性
第二章 現象
A 現象の法則
B 現象する世界とそれ自体で存在する世界
C 現象の解消
第三章 本質的相関
A 全体と諸部分との相関
  注解 無限の分割可能性
B 力とその発現との相関
 a 力が制約されてあること
 b 力の誘発
 c 力の無限性
C 外のものと内のものとの相関
  注解 外のものと内のものとの直接的な同一性

第三編 現実性
第一章 絶対的なもの
A 絶対的なものの開陳
B 絶対的属性
C 絶対的なものの様態
  注解 スピノザの哲学とライブニッツの哲学
第二章 現実性
A 偶然性 または 形式的現実性・可能性・および必然性
B 相対的必然性 または 実在的現実性・可能性・および必然性
C 絶対的必然性
第三章 絶対的相関
A 実体性の相関
B 因果性の相関
 a 形式的因果性
 b 規定された因果性の相関
 c 作用と反作用
C 交互作用
訳者注
付論 「本質論」の体系構成について
     ――『大論理学』と『小論理学』との比較――
 一 問題の所在
 二 概観
 三 現実性
 四 反省と現象
 五 根拠
 六 対立と矛盾
訳者のあとがき  
 

HOMEへ戻る