在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

  1999年06月28日発売

ヘーゲル
大論理学
【3巻 概念論】

寺沢 恒信 訳

A5判箱入り 上製カバー装 464頁
定価:本体7,500円+税
ISBN 4-7531-0207-6 C3010 
   〔近代の再検討が根源的に問われるなか、近代的思惟の原点の翻訳〕 

『精神現象学』が出版されて間もない1807年07月08日に、ヘーゲルはニートハンマーに宛てて「出来るだけ多くの力を」自分の論理学総論の仕事に注いでいると書いている。『大論理学』全三巻は、1812年から1816年にかけて出版された。しかし、当時の書評界からこの著作にたいして一願だに与えなかった。・・・・・
最近20年間のヘーゲル受容においてはじめて『大論理学』にたいして、ヘーゲル自身の理解にふさわしいと思われる位置づけがなされるようになった。
絶対的否定性は、絶対的概念の構造そのものであるから、主観性の構造である。したがって『大論理学』は主観性の理論のまったき姿である。『精神現象学』の「序文」で定式化された意図、すなわち実体を同様に主体としても把握することが問題だという企図は、『大論理学』においてはじめて果たされる。ここでは、実体の弁証法的運動が概念のもっとも直接的な起源となっているのである。

ヘーゲル論理学の成立史研究に生涯をささげた訳者による画期的訳業。明解な訳文、綿密な校訂にもとづく周到な注解と付論からなり、ヘーゲル論理学の正しい理解への道を拓く。とくに第1巻は、ながく等閑視されてきた初版本(1812年)を高く評価した翻訳であり、初版本の意義を究明して余すところがない。
うらむくは、訳者の急逝により、第3巻の「訳者注」がその前半部分のみにとどまり、添えられるはずであった『大論理学』全3巻を初版の形で読む意義を論究する「付論」が、ついに実現されなかったことである。

【訳者紹介】
寺沢 恒信 (てらざわ つねのぶ)
1919年名古屋市生まれ。
1941年東京大学文学部哲学科卒業。
1998年没。
著書:『認識論史』(青木書店)、『弁証法的論理学試論』(大月書店)など。
訳書:レーニン『唯物論と経験批判論』(大月書店)
    ルビンシュテイン『存在と意識』(青木書店)など。

【目次】
凡例
前言
概念総論
区分

第一編 主観性
第一章 概念
A 普遍的概念
B 特殊的概念
  注解 概念の通常の種類
C 個別的なもの
第二章 判断
A 定在の判断
 a 肯定判断
 b 否定判断
 c 無限判断
B 反省の判断
 a 単称判断
 b 特称判断
 c 全称判断
C 必然性の判断
 a 定言判断
 b 仮言判断
 c 選言判断
D 概念の判断
 a 実然判断
 b 蓋然判断
 c 必然判断
第三章 推理
A 実在の推理
 a 推理の第一格
 b 第二格 B−E−A
 c 第三格 E−A−B
 d 第四格 A−A−A または数学的推理
  注解 推理についての通常の見解
B 反省の推理
 a 全体性の推理
 b 帰納の推理
 c 類推の推理
C 必然性の推理
 a 定言的推理
 b 仮言的推理
 c 選言的推理

第二編 客観性
第一章 機械的関係
A 機械的客観
B 機械的過程
 a 形式的な機械的過程
 b 実在的な機械的過程
 c 機械的過程の所産
C 絶対的な機械的関係
 a 中心
 b 法則
 c 機械的関係の移行
第二章 化学的関係
A 化学的客観
B 過程
C 化学的関係の移行
第三章 目的論
A 主観的目的
B 手段
C 実現された目的

第三編 理念
第一章 生命
A 生命のある個体
B 生命過程
C 類
第二章 認識の理念
A 真なるものの理念
 a 分析的認識
 b 総合的認識
 一 定義
 二 区分
 三 定理
B 善の理念
第三章 絶対的理念
訳者注
訳者あとがきにかえて ――――――寺沢和子
寺沢訳を読んでくださる方々へ―――稲葉守
人名索引
事項索引  
 

HOMEへ戻る