在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

   2001年06月15日発売

無為の共同体
哲学を問い直す分有の思考

ジャン=リュック・ナンシー 著
西谷修・安原伸一朗 訳

A5判 上製カバー装 288頁
定価:本体3,500円+税
ISBN 4-7531-0215-7 C0010  
本書は、ハイデガーが開き、開くと同時に〈近代〉の陥穽に陥ってしまった〈共同性〉の問題について「共同体の体験をもっとも遠くまで辿った」とみなされているバタイユの試みとそのテクストの解読をとおして、まったく新しい思考の局面を開いたナンシーの主著の翻訳である。この新しい思考はブランショを刺激し『明かしえぬ共同体』となって結実したことは有名である。〈壁〉の崩壊以後、「グローバリゼーション」がナショナリズムを再燃させ、〈国民共同体〉の強化を図ろうとする動向が強まる今日、二〇世紀世界の経験を踏まえた根源的な思考とアクチュアリティに富んだ本書の〈共同体〉の問いは、現代を思考するために避けて通ることは出来ない。現代哲学の革新としてのみならず、近年盛んに論じられている「国民国家論」の先にある問題としても、新鮮な展望を得ることが出来る。

【著者紹介】
ジャン=リュック・ナンシー (Jean-Luc Nancy)
1940年ボルドー生まれ。ストラスブール(マルク・ブロック)大学名誉教授。
『定言命法』『有限な思考』など多数の著書があるが、邦訳書として『エゴ・スム』庄田常勝・三浦要訳(朝日出版社)、『共同-体(コルプス)』大西雅一郎訳、『声の分割』加藤恵介訳(ともに松籟社)、『自由の経験』澤田直訳、『私に触れるな』萩野厚志訳(ともに未来社)、『侵入者』西谷修訳、『イメージの奥底で』西山達也、大道寺玲央訳(ともに以文社)など多数。

【訳者紹介】
●西谷 修 (にしたに おさむ)
1950年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業。パリ第8大学留学。明治学院大学(フランス文学)を経て、現在、東京外国語大学大学院教授。
著書:『新版 不死のワンダーランド』(青土社)、『戦争論』(講談社学術文庫)、『夜の鼓動にふれる――戦争論講義』(東京大学出版)、『離脱と移動』(せりか書房)、『世界史の臨界』(岩波書店)、『〈テロル〉との戦争』(以文社)など。
訳書:M・ブランショ『明かしえぬ共同体』(ちくま学芸文庫)、E・レヴィナス『実存から実存者へ』(講談社学術文庫)、P・ルジャンドル『ドグマ人類学総説』(平凡社)、J=L・ナンシー『侵入者』(訳者)『無為の共同体』(共訳)(ともに以文社)など多数。
●安原 伸一朗 (やすはら しんいちろう)
1972年生まれ。現在、東京大学産学官連携研究委員。文学博士(パリ第8大学)。
論文:「沈黙による分派者――モスクワ裁判をめぐるモーリス・ブランショの1937年の文芸時評」『言語態』第5号、2004年。「紙の争奪戦――ナチス占領下のフランスにおける検閲と作家の文筆活動」『言語情報科学研究』第4号、2006年など。
訳書:M・ブランショ『問われる知識人』、『ブランショ政治論集1958-1993』(共訳)、(ともに月曜社)。

【目次】
 第二版への注記(一九九〇年)
 第三版への注記(一九九九年)

第一部 無為の共同体
      注記
第二部 途絶した神話
第三部 「文学的共産主義」
第四部 〈共同での存在〉について
 T (〈共同での存在〉について)
 U (〈共同での〉の意味)
 V (〈共同での〉ということ)
第五部 有限な歴史
私たちの共通の果敢なさ(日本語版のために)
訳注
〈分有〉、存在の複数性の思考――あとがきに代えて
 

HOMEへ戻る