在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

  2004年04月09日発売

純粋理性批判 上巻

イマヌエル・カント 著
宇都宮 芳明 監訳
宇都宮芳明・鈴木恒夫・田村一郎
新田孝彦・嶋崎正躬 訳・注解

A5判 上製カバー装 520頁
定価:本体8,500円+税
ISBN 978-4-7531-0229-7 C3010 
 カント没後200年を迎え、宇都宮芳明先生によるカント〔三批判書〕訳業の完成

宇都宮芳明先生による「カント三批判書」の翻訳がおよそ15年の歳月を経て、この度の『純粋理性批判』の刊行をもっていよいよ完結します。明解な訳文と、購読ゼミにでも参加しているような臨場感あふれる注解から成る本書は、「知る」ことの意味を根源的に考察したカントの思索をたどるうえで、欠かすことのできない原典です。

人間は言葉を持ち、言葉をつなげてものごとを考えるが、カントはこの人間の能力、つまり「理性」とよばれる能力について、それをどのように働かせたらよいかを徹底して追究した。と言うのも、人間ひとりひとりの生き方は、その人間が自分の理性でものごとをどのように考えるかによって決まるからである。理性は、科学的知識を求める場面だけではなく、道徳とはなにか、美とはなにか、神や宗教とはなにかを考える場面でも働いてる。科学的知識だけを絶対視する誤りを避け、また迷信や狂信に陥らないためには、これらのあらゆる場面で理性を正しく働かせるようにすることが必要である。カントは人間の自由と尊厳の確保を目指しつつ、こうした理性批判の道を歩んだのである。                                   【訳者のことば】 

【訳者紹介】
●宇都宮 芳明 (うつのみや よしあき)
1931年生まれ。東京大学大学院博士課程退学。北海道大学教授を経て、現在北海道情報大学名誉、北海道大学名誉教授。
著書:『人間の間と倫理』(以文社、1980年)、『カントと神』(岩波書店、1998年)ほか多数。
訳書:『永遠平和のために』(岩波文庫、1985年)、『実践理性批判』(以文社、1990年)、『判断力批判』上・下(以文社、1994年)、『純粋理性批判』(以文社、2004年)など。
●鈴木 恒夫 (すずき つねお)
1949年生まれ。北海道大学大学院博士課程。現在札幌学院大学、北海学園大学、北海道教育大学岩見沢校講師。
著書:『バイオエシックス入門〔第3版〕』(共著、東信堂、2001年)、『カント哲学のコンテクスト』(共著、北大図書刊行会、1997年)。
訳書:ストローソン『意味の限界―「純粋理性批判」論考』(共訳、勁草書房、1987年)、トム・ロックモア『ハイデガー哲学とナチズム』(共訳、北大図書刊行会、1999年)他。
●田村 一郎 (たむら いちろう)
1934年生まれ。北海道大学大学院博士課程、博士(文学)。現在鳴門教育大学名誉教授、鳴門市ドイツ館館長。
著書:『ドイツ観念論における「自律思想」の展開』(北大図書刊行会、1980年)、『総説・ドイツ観念論と現代』共著、『叢書 ドイツ観念論との対話』第1巻(ミネルヴァ書房、1993年)、『十八世紀ドイツ思想と「秘儀結社」』上巻(多賀出版、1994年)、『カント哲学のコンテクスト』(共著、北大図書刊行会、1997年)、『他者を負わされた自我知』共著、『シリーズ 近代日本の知』第3巻(晃洋書房、2003年)など。
●新田 孝彦 (にった たかひこ)
1951年生まれ。北海道大学大学院博士課程、博士(文学)。現在北海道大学大学院文学研究科教授。
著書:『カントと自由の問題』(北大図書刊行会、1993年)、『倫理学を学ぶ人のためにために』(共著、世界思想社、1994年)、『カント哲学のコンテクスト』(共編者、北大図書刊行会、1997年)、『入門講義 倫理学の視座』(世界思想社、2000年)など。
●嶋崎 正躬 (しまざき まさみ)
1940年生まれ。北海道大学大学院博士課程。現在北海道教育大学札幌校教授。
著書:『西洋倫理思想―その歴史と形態』(共著、弘文堂、1980年)、『情念の哲学』(共著、東信堂、1992年)、『カント哲学のコンテクスト』(共著、北大図書刊行会、1997年)、『バイオエシックス入門〔第3版〕』(共著、東信堂、2001年)など。

【目次】
凡例
〔扉の言葉〕
〔献辞〕
第一版序文
 【第一版序文の注解】
第二版序文
 【第二版序文の注解】
序論(第二版)
 T 純粋認識と経験的認識の区別について
 U われわれはある種のア・プリオリな認識を所有する、そして通常の悟性と言え
    ども、決してそれは欠いてはいない
 V 哲学は、あらゆるア・プリオリな認識の可能性と諸原理と範囲とを規定する、
    一つの学を必要とする
 W 分析的判断と総合的判断の区別について
 X 理性のすべての理論的学は、ア・プリオリな総合的判断を原理として含んでいる
 Y 純粋理性の一般的課題
 Z 純粋理性批判という名をもつ特殊な学の理念と区分
   【序論の注解】
T 超越論的原理論
第一部 超越論的感性論
 〔序〕(§1)
 【〔序〕の注解】
 第一節 空間について
   この概念の形而上学的究明(§2)
   空間概念の超越論的究明(§3)
   上述の諸概念からの結論
 【第一節の注解】
  第二節 時間について
   時間概念の形而上学的究明(§4)
   時間概念の超越論的究明(§5)
   以上の諸概念からの結論(§6)
   解明(§7)
 【第二節の注解】
   超越論的感性論にたいする一般的注(§8)
   超越論的感性論の結び
 【一般的注と結びの注解】
第二部 超越論的論理学
序論 超越論的論理学の理念
 T 論理学一般について
 U 超越論的論理学について
 V 一般論理学を分析論と弁証論に区分することについて
 W 超越論的論理学を超越論的な分析論と弁証論に区分することについて
 【序論の注解】
第一部門 超越論的分析論
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
第一編 概念の分析論
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
第一章 すべての純粋悟性概念を見いだすための手引きについて
 第一節 論理的悟性使用一般について
 第二節 判断における悟性の論理的機能について(§9)
 第三節 純粋悟性概念つまりカテゴリーについて(§10〜§12)
【第一章の注解】
第二章 純粋悟性概念の演繹について
 第一節 超越論的演繹一般の諸原理について(§13)
      カテゴリーの超越論的演繹への移行(§14)
 【第一節の注解】
 (以下第一版)
 第二節 経験の可能性のア・プリオリな諸根拠について
  前もっての注意
  1.直観における覚知の総合について
  2.構想における再現の総合について
  3.概念における再認の総合について
  4.ア・プリオリな認識としてのカテゴリーの可能性についての予備的説明
 第三節 対象一般に対する悟性の関係と、、対象をア・プリオリに
       認識する可能性について
  純粋悟性概念のこのような演繹が正しく、唯一可能であることの要約
 (以下第二版)
 第二節 純粋悟性概念の超越論的演繹
  結合一般の可能性について(§15)
  統覚の根源的・総合的統一について(§16)
  統覚の総合的統一の原則は、すべての悟性使用の最高原則である(§17)
  自己意識の客観的統一とは何か(§18)
  すべての判断の論理的形成は、判断に含まれている概念の統覚における
   客観的統一によって成り立つ(§19)
  すべての感性的直観はカテゴリーに従い、カテゴリーとは、それらの多様が
   そのもとでだけ一つの意識のうちに総括されることのできる条件である(§20)
  注(§21)
  カテゴリーは経験の対象に適用する以外には、物の認識に使用することが
   できない(§22、§23)
  感官の対象一般へのカテゴリーの適用について(§24、§25) 
  純粋悟性概念の一般的に可能な経験使用についての超越論的演繹(§26)
  悟性概念のこの演繹の成果(§27)
  この演繹の簡単なまとめ
 【第二節以後の注解】
第二編 原則の分析論〔判断力の超越論的理説〕
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
序論 超越論的判断力一般について
 【序論の注解】
第一章 純粋悟性概念の図式機能について
 【第一章の注解】
第二章 純粋悟性のすべての原則の体系
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
 第一節 すべての分析的判断の最高原則について
 【第一節の注解】
 第二節 すべての総合的判断の最高原則について
 【第二節の注解】
 第三節 純粋悟性のすべての総合的原則の体系的表現
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
 一 直観の公理
 【一の注解】
 二 知覚の予料
 【二の注解】
 三 経験の類推
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
 A 第一の類推 実体の持続性の原則
 【Aの注解】
 B 第二の類推 原因性の法則による時間的継起の原則
 【Bの注解】
 C 第三の類推 交互作用あるいは相互性の法則による同時存在の原則
 【Cの注解】
 四 経験的思考一般の要請
 【四の前半の注解】
 観念論の論駁
 【観念論の論駁と四の後半の注解】
 原則の体系についての一般的注
 【一般的注の注解】
第三章 すべての対象一般をフェノーメノンとヌーメノンに区別する理由について
 【第三章の注解】
 付録 経験的悟性使用と超越論的悟性使用の取り違えから生ずる、反省概念の
     多義性について
 反省概念の多義性についての注
 【付録と注の注解】
第二部門 超越論的弁証論
 序論
 T 超越論的仮象について
 U 超越論的仮象の座としての純粋理性について
  A 理性一般について
  B 理性の論理的使用について
  C 理性の純粋使用について
 【序論の注解】
第一篇 純粋理性の諸概念について
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
 第一章 理念一般について
 【第一章の注解】
 第二章 超越論的理念について
 【第二章の注解】
 第三章 超越論的理念の体系
 【第三章の注解】
第二篇 純粋理性の弁証論的推理について
 〔序〕
 【〔序〕の注解】
 第一章 純粋理性の誤謬推理について
  (以下第一版)
  実体性に関する第一誤謬推理
  純粋心理学の第一誤謬推理に対する批判
  単純性に関する第二誤謬推理
  超越論的心理学の第二誤謬推理に対する批判
  人格性に関する第三誤謬推理
  超越論的心理学の第三誤謬推理に対する批判
  観念性(外的関係の)に関する第四誤謬推理
  超越論的心理学の第四誤謬推理に対する批判
  以上の誤謬推理をもとにした、純粋霊魂論の総体に関する考察
  (以下第二版)
  魂の持続性に関するメンデルスゾーンの証明に対する反駁
  心理学的誤謬推理の解決の結び
  合理的心理学から宇宙論へ移行するにあたっての一般的注
 【第一章の注解】 
 

HOMEへ戻る