在庫はございません。 
重版検討中です。 
Honya Club.com

  2004年04月09日発売

実践理性批判
【新装版】

イマヌエル・カント 著
宇都宮 芳明 訳・注解

四六判 上製カバー装 424頁
定価:本体4,500円+税
ISBN 978-4-7531-0231-0 C3010 
 カント没後200年を迎え、宇都宮芳明先生によるカント〔三批判書〕訳業の完成

宇都宮芳明先生による「カント三批判書」の翻訳がおよそ15年の歳月を経て、この度の『純粋理性批判』の刊行をもっていよいよ完結します。明解な訳文と、購読ゼミにでも参加しているような臨場感あふれる注解から成る本書は、「知る」ことの意味を根源的に考察したカントの思索をたどるうえで、欠かすことのできない原典です。

人間は言葉を持ち、言葉をつなげてものごとを考えるが、カントはこの人間の能力、つまり「理性」とよばれる能力について、それをどのように働かせたらよいかを徹底して追究した。と言うのも、人間ひとりひとりの生き方は、その人間が自分の理性でものごとをどのように考えるかによって決まるからである。理性は、科学的知識を求める場面だけではなく、道徳とはなにか、美とはなにか、神や宗教とはなにかを考える場面でも働いてる。科学的知識だけを絶対視する誤りを避け、また迷信や狂信に陥らないためには、これらのあらゆる場面で理性を正しく働かせるようにすることが必要である。カントは人間の自由と尊厳の確保を目指しつつ、こうした理性批判の道を歩んだのである。                                   【訳者のことば】

【訳者紹介】
宇都宮 芳明 (うつのみや よしあき)
1931年生まれ。東京大学大学院博士課程退学。北海道大学教授を経て、現在北海道情報大学名誉、北海道大学名誉教授。
著書:『人間の間と倫理』(以文社、1980年)、『カントと神』(岩波書店、1998年)ほか多数。
訳書:『永遠平和のために』(岩波文庫、1985年)、『実践理性批判』(以文社、1990年)、『判断力批判』上・下(以文社、1994年)、『純粋理性批判』(以文社、2004年)など。

【目次】
 凡例
序言
序論 実践理性批判の理念について
第一部 純粋実践理性の原理論
第一編 純粋実践理性の分析論
 第一章 純粋実践理性の原則について
  第一節 定義
       注
  第二節 定理 一
  第三節 定理 二
       系
       注 一
       注 二
  第四節 定理 三
       注
  第五節 課題 一
  第六節 課題 二
       注
  第七節 純粋実践理性の根本法則
       注
       系
       注
  第八節 定理 四
       注 一
       注 二
   一 純粋実践理性の原則の演繹について
   二 純粋理性は実践的使用において、思弁的使用においてだけでは
        不可能な拡張をなす機能をもつことについて
 第二章 純粋実践理性の対象の概念について
       純粋な実践的判断力の範型論について
 第三章 純粋実践理性の動機について
       純粋実践理性の分析論の批判的解明
第二編 純粋実践理性の弁証論
 第一章 純粋実践理性一般の弁証論について
 第二章 最高善の概念の規定における純粋実践理性の弁証論について
   一 実践理性の二律背反
   二 実践理性の二律背反の批判的解消
   三 思弁理性との結合における純粋実践理性の優位について
   四 純粋実践理性の要請としての心の不死
   五 純粋実践理性の要請としての神の現存
   六 純粋実践理性一般の諸要請について
   七 いかにして実践的意図における純粋理性の拡張を、それとともに
        純粋理性認識を思弁的にも同時に拡張しないで、考えることが可能であ        るか
   八 純粋理性の必要から生ずる信?について
   九 人間の認識能力が人間の実践的使命に巧みに適合し調和していることにつ      いて
第二部 純粋実践理性の方法論
 結語
 訳者あとがき
 索引 
 

HOMEへ戻る