在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

   2005年03月11日発売

非対称化する世界
『〈帝国〉』の射程

西谷修・酒井直樹・遠藤乾・市田良彦
酒井隆史・宇野邦一・尾崎一郎
トニ・ネグリ、マイケル・ハート 著

四六判 上製カバー装 256頁
定価:本体2,400円+税
ISBN 4-7531-0239-4 C0010
                『〈帝国〉』の刊行後2年。
           読み続けられる『〈帝国〉』の魅力とは何か?
          一元化した現代世界を解読とともに論評する。


本書は『〈帝国〉』についての単なる解説書ではなく、『〈帝国〉』が提起した問題をどのように受けとめ、展開していくかを主題化しつつ、9・11以後の世界をも視野に入れた〈状況への発言〉です。
この状況とは、一口に言ってタイトルである「非対称化」ということです。政治的な局面でいえば、9・11以後「テロとの戦争」という言葉が横行しています。このことの意味は、戦争とは国家対国家の紛争であったはずですが、それが国家対個人・集団間の紛争を指すように、対象がすり替えられたばかりでなく無制限に拡大してしまいました。それは、強力な武力装備=軍隊と個人・集団との対決という不条理な不均衡をもたらしています。また、経済の局面では「市場原理」という言葉は、自由で平等な競争原理を指すものではなくなって、巨大なマネー・ファンドが企業を買収できる「自由」であり、貧富の差の拡大の「自由」であり、いまや強者がなりふり構わず振る舞う自由で、これは原理主義的な暴力といえます。
このような状況が新自由主義の温床になっていますが、安全性や貧富の差など、あまりにもわれわれの日常に深く根差して身近であり、的確な判断をするのに実に見えづらいのが特徴です。それだけに日常的な実感として、掴み所のない不安感をわれわれにもたらしております。この「掴み所のない不安感」に焦点を当てて、何とか見えるところへ議論を開きたい、これが本書のねらいです。

【著者紹介】
●西谷 修 (にしたに おさむ)
1950年生まれ。東京大学法学部、パリ第8大学留学。現在、東京外国語大学大学院地域文化研究科教授。
著書に『増補・不死のワンダーランド』(青土社)、『戦争論』(講談社学術文庫)、『増補〈世界史〉の解体』(酒井直樹共著、以文社)ほか多数。
●酒井 直樹 (さかい なおき)
1946年生まれ。シカゴ大学人文学部極東言語文明学科博士課程修了。現在、コーネル大学教授。
著書に『過去の声』(以文社)、『死産される日本語日本人』(新曜社)、『日本思想という問題』(岩波書店)ほか多数。
●遠藤 乾 (えんどう けん)
1966年生まれ。1996年オックスフォード大学政治学博士号、北海道大学大学院法学研究科助教授。
共著に『グローバル化時代の地方ガバナンス』(山口二郎・山崎幹根との共編著、岩波書店)
主な論文に「拡大ヨーロッパの政治的ダイナミズム――「EU-NATO-CE体制」の終焉―」『国際問題』2004年12月号、「ポスト主権の政治思想――ヨーロッパ連合における補完性原理の可能性――」『思想』945(「帝国・戦争・平和」特集)号、2003年1月。“The Presidency of the European Commission under Jacques Delors:”The Politics of Shared Leadership(Basingstoke/NY:Macmillan/St Martin's,1999)など。
●市田 良彦 (いちだ よしひこ)
19587年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。現在、神戸大学国際文化学部教授。
著書に『闘争の思考』(平凡社)
論文に“Temps etconcept chez Louis Althusser”,Futur anterieur,n hors serie,1997,“Sur quelques vides ontologiques”,Multitudes,n 9,2002,など多数。
●酒井 隆史 (さかい たかし)
1965年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科満期退学。現在大阪女子大学教員。
著書に『自由論』(青土社)、『暴力の哲学』(河出書房)。
●宇野 邦一 (うの くにいち)
1948年生まれ。京都大学文学部卒業後、パリ第8大学で学び、1980年博士論文提出。現在、立教大学文学部教授。
著書に『反歴史論』(せりか書房)、『ジャン・ジュネ』(以文社)、『破局と渦の考察』(岩波書店)他、多数。
●尾崎  一郎 (おざき いちろう)
1966年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。東京大学助手を経て1994年から北海道大学大学院法学研究科助教授。
主な論文に「近隣騒音紛争の処理過程――法の拡大と限度をめぐって――」(『国家学会雑誌』第104巻9.10号pp725-769(1991))、「都市の公共性と法――マンションにおける生活と管理――(1)〜(4・完)」(『法学協会雑誌』第113巻9〜12号(1996))、「生き甲斐としてのコミュニティ」(『法社会学』第55号pp.56-70(2001))。
●トニ・ネグリ (Antonio Negri)
1933年生まれ。元パドヴァ大学政治社会科学研究所教授。本書の主題である『〈帝国〉』の共著者。ほかに『構成的権力』、2004年に『〈帝国〉』の続編になる『マルチチュード』を刊行。
●マイケル・ハート (Michael Hardt)
1960年生まれ。ワシントン大学で比較大学を修めたのちパリ第8大学でネグリに師事。現在、デューク大学助教授。
本書の主題である『〈帝国〉』の共著者。ほかにネグリとの著で『ディオニソスの労働』、2004年に『〈帝国〉』の続編になる『マルチチュード』を刊行。

 【目次】
救済の夢と抵抗――『〈帝国〉』によせて                西谷修
 〈帝国〉の概念の魅力
 マルクス主義の“余生”と“転生”
 「九・一一」との遭遇
 メシアニズムの影
 普遍主義の限界
 マルチチュードの存在論的コンテクスト

共犯性としてのスーパー国家性                     酒井直樹
 イラク占領と日本占領の語り
 新植民地政策としての日本占領
 国民主義の転位
 〈帝国〉――東アジアからの視点
 〈帝国〉と国民主義の共犯性

主権、帝国(主義)、民主主義――『〈帝国〉』の射程         遠藤乾
 世界秩序賛歌――方法的ナショナリズムからの脱却
 「主権」――〈帝国〉か帝国主義国か
 新しい民主主義?――国民の不可能性、マルチチュードの不可能性

貨幣の帝国的循環と価値の金融的捕獲                市田良彦
 〈帝国〉とジャパン・マネー
 プラザ合意の市場的帰結
 貨幣の帝国循環と戦争
 
〈帝国〉における包摂と排除――「生政治」についてのノート     酒井隆史
 ポストフォーディズムにおける貧民
 オペライスモ的反転
 歴史のなかへの生命の登場
 生権力と生政治
 ポストフォーディズムのフーコー
 保障と自律

隠れた生産の場所に降りて行くこと                   宇野邦一
 構成的なアメリカ
 六八年はマルチチュードだったのか
 近代あるいは戦争機械
 アメリカの「裏切り」
 葛藤に満ちた生産的なジャングル

マルチチュードの(不)可能性                       尾崎一郎
 はじめに
 〈帝国〉という非-場
 非-場における闘争/抵抗
 存在の新たな意味

マルチチュードの存在論的定義に向けて            トニ・ネグリ(箱田徹訳)

主権、マルチチュード、絶対民主制――『〈帝国〉』をめぐる討議   マイケル・ハート
                        インタヴュアー:トマス・ダム(水嶋一憲訳)
 協働作業と一般的知性
 主権への抵抗と絶対民主制
 ネーションと異種混交性のポリティクスを超えて
 『〈帝国〉』の方法論をめぐって
 〈帝国〉と外部の不在
 マルチチュードの理論に向けて
 

HOMEへ戻る