在庫はございません。 
Honya Club.com

  2008年05月20日発売

国力論
経済ナショナリズムの系譜

中野 剛志 著

四六判 上製カバー装 224頁
定価:本体2,200円+税
ISBN 978-4-7531-0261-7 C0010 
     イギリス民族学会(ASEN)賞を受賞した現役経産省官僚による
                革新的な政治経済理論。
 

なぜ経済学にはネイションという概念が存在してこなかったのか?経済学の盲点を突き、ネイション不在のまま人間の紐帯を切り崩す支配的な経済理論(市場原理主義)に警鐘を鳴らす。リスト、ヒューム、ヘーゲルらの思想を読み込み、経済ナショナリズムの有効性を歴史=哲学的に実証した野心的知性の誕生。グローバリゼーションの行き詰まりが露わになったいま、今後世界を席巻するであろう「経済ナショナリズム」理論の核心をいち早く紹介する。

【著者紹介】
中野 剛志 (なかの たけし)
1971年神奈川県生まれ。
1996年、東京大学教養学部教養学科(国際関係論)を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。
1999年より3年間、英エディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2000年同大学院より優等修士号(Msc with distinction)取得。2003年同大学院在学中に書いた論文が、イギリス民族学(ASEN)Nations and Nationalism Prizeを受賞。2005年同大学院より博士号(社会科学)を取得。
現在、経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー対策課課長補佐。また月刊誌『発言者』に評論を発表。現在、隔月誌『表現者』に評論を連載中。

 【目次】
序章 正統と異端

第一章 もうひとつの政治経済学  ハミルトンとリスト
 1.アレクサンダー・ハミルトン
    代表的な経済ナショナリスト/ハミルトンの国民国家構想/『製造業に関する     報告書』 
 2.フリードリヒ・リスト
    悲劇の愛国者/ネイションの政治経済学/生産力の理論/歴史と経験
 3.経済ナショナリズムの理論の本質
    ハミルトンとリストの共通点/重商主義との相違

第二章 国力論の源流  ヒューム
 1.経済ナショナリズム発祥の謎
    コルベールか、ハミルトンか/誤解されたヒュームとスミス/なぜヒュームなの     か/ヒュームの一生とその思想
 2.社会科学の誕生
    近代経済の勃興/ネイションの誕生/社会科学の成立/ヒュームの社会科学    革命/解釈学/共和主義との違い
 3.ヒュームの政治経済学
    政治の優位/慣習/人的資本としての労働力/国力増進という目的/経済     発展と国力/経済政策/自由貿易による産業の多様化/自由貿易による国     内産業の発展/保護貿易の可能性
 4.経済思想史の修正
    ヒュームの継承者たち/経済自由主義と重商主義

第三章 国力の哲学  ヘーゲル
 1.ヘーゲルの方法
    政治経済学者ヘーゲル/社会科学の方法/合理主義という狂信/解釈と
    自由
 2.欲求の体系
    前近代社会と近代社会/財産権/仕事/仕事の不均衡/資本主義に内在す    る矛盾/職業団体の重要性
 3.ヘーゲルの国民国家理論
    近代国家とナショナリズム/合理主義的国家建設の拒否/ヘーゲルの理論と    その合意

第四章 裏切られた創始者  マーシャル
 1.マーシャルの誤算
    新古典派経済学の開祖?/マーシャルの方法論
 2.経済とネイション
    『産業と貿易』/ネイション発生の理論/ナショナリズムと国際秩序/幼稚産業    保護論/マーシャルの社会主義と保守主義
 3.愛国者マーシャル
    自由主義的なナショナリズム/経済騎士道と経済ナショナリズム/マーシャル     のスミス解釈

第五章 経済理論とナショナリズム
 1.国を忘れた経済学
    失われた系譜
 2.ケインジアンとナショナリズム
    ジョン・メイナード・ケインズ/ジョーン・ロビンソン
 3.福祉国家とナショナリズム
    グンナー・ミュルダール
 4.成長理論とナショナリズム
    サイモン・クズネッツ

終章 経済ナショナリズムの可能性

参考・引用文献
あとがき
 

HOMEへ戻る