在庫は僅少です。 
Honya Club.com

  2009年10月08日発売

カントとともに
カント研究の総仕上げ

鈴木 文孝 著

A5判 上製カバー装 592頁
定価:本体5,700円+税
ISBN 978-4-7531-0270-9 C0010 
『カント研究』にはじまる著者の長年にわたるカント研究の総集編の完成。ことに第二篇の「純粋理性の諸誤謬について」の章についての注解は、カント『純粋理性批判』の難解な「超越論的弁証論」を自家薬籠中のものとした労作。

【著者紹介】
鈴木 文孝 (すずき ふみたか)
1940年静岡県生まれ。1963年、東京教育大学文学部卒業。1965年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。2004年、愛知教育大学教授教育学部を停年により退職。現在、愛知教育大学名誉教授。
主著に『若き荷風の文学と思想』(以文社、1995年)ほか。

【目次】
まえがき
凡例
第一篇 カント研究のまとめ
 第一章 カント解釈のために
 第二章 カント倫理学の解釈のために
 第三章 自覚の形而上学
 第四章 自覚の形而上学を超えて
 第五章 「場の倫理学」の構想のその後――カント倫理学についての若干のコメント 第六章 カント哲学の方法論的吟味
 第七章 カント『人倫の形而上学の基礎づけ』についての一考察
 第八章 カントにおける時間と人格
 第九章 カント『倫理学講義』における良心論
 第十章 哲学的倫理学の可能性

第二篇 「純粋理性の諸誤謬推理について」の章についての注解
 第一章 「純粋理性の諸誤謬推理について」の章についての原理論的解説
 第二章 実質的観念論を巡って
 第三章 誤謬推理論におけるゲマインシャフト論についての注解
 第四章 デカルトの「コーギトー・エルゴー・スム」の誤謬推理論への
        組み込みを巡って
 第五章 合理的心理学における自我把握の仕方を巡って
 第六章 合理的心理学の誤謬推理についての批判の予備的考察と霊魂の
        単純性の誤謬推理の批判についての注解
 第七章 単純性の誤謬推理の批判についての更なる注解
 第八章 実体性の誤謬推理の批判についての注解
 第九章 人格性の誤謬推理の批判についての注解
 第十章 第一版の誤謬推理論についての注解の締めくくり
 第十一章 第二版の誤謬推理論についての総括的注解 一
 第十二章 第二版の誤謬推理論についての総括的注解 二
 第十三章 メンデルスゾーンの霊魂不滅論に対するカントの批判
 第十四章 第二版の誤謬推理論についての補足的注釈 一
        ――第二版 四一四‐四一五ページの脚注についての注釈
 第十五章 第二版の誤謬推理論についての補足的注釈 二
        ――デカルト哲学に依拠して

第三篇 『純粋理性批判』についての自然科学史的注解
 第一章 『純粋理性批判』についての天文学史的注解
 第二章 数学・自然科学における思考法の革命について

あとがき
初出一覧 
 

HOMEへ戻る