在庫はあります。 
ご購入はこちらから 
Honya Club.com

  2010年05月31日発売

魯迅と毛沢東
中国革命とモダニティ

丸川 哲史 著

四六判 上製カバー装 320頁
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-7531-0278-5 C0010 
経済的発展と社会的矛盾が同居する中国で、いま熱烈に読み直されている文学者と政治家。この二人の思想と実践を軸に革命から改革開放への歴史を辿り、中国独自の近代化の意味と知識人が果たすべき役割、さらにその未来を問う。

【著者紹介】
丸川 哲史 (まるかわ てつし)
1963年和歌山県生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程単位取得退学。現在、明治大学政治経済学部准教授(東アジア文化論・台湾文学)。
著書に『台湾、ポストコロニアルの身体』『帝国の亡霊』(以上、青土社)、『リージョナリズム』(岩波書店)、『台湾ナショナリズム』(講談社)、共訳書に『ジャ・ジャンクー「映画」「時代」「中国」を語る』(以文社)など。
【目次】
序章
1.中国モダニティの基点―― 一九一九年「五・四運動」を中心に
2.モダニティの分裂、クニの分裂―― 一九二七年「反共クーデタ」を中心に
3.反転する闇―― 一九三六年「長征」終了と魯迅の死
4.思想「改造」という踏み台―― 一九四二年「文芸講話」を中心に
5.中国プロレタリア文化大革命を再考する―― 一九六八年、一九七一年を中心に
6.地獄を思い出すこと――中国における魯迅、毛沢東読解
7.自分の肉を煮るために――日本における魯迅読解
終章

あとがき
魯迅・毛沢東関連年表 
 

HOMEへ戻る