感じる服 考える服 ―東京ファッションの現在形―
【特装本】の販売   
下記の10組のデザイナーの本は、一律税込3,000円にて販売しております。

――臨場感あふれる独創性は読者にファッションの再発見を促す――
10組の参加デザイナー 
《アンリアレイジ/ANREALAGE 森永邦彦》  在庫あり
《h.NAOTO 廣岡直人》  在庫あり
《ケイスケカンダ/keisuke kanda 神田恵介》  在庫あり
《まとふ/matohu 堀畑裕之・関口真希子》  在庫あり
《ミナペルホネン/mina perhonen 皆川明》   在庫なし
《ミントデザインズ/mint designs 勝井北斗・八木奈央》  在庫なし
《サスクワァッチファブリクス/SASQUATCHfabrix
 ワンダーウォーカーゲリラバンド》
 在庫あり
《ソマルタ/SOMRTA 廣川玉枝》   在庫あり
《シアタープロダクツ/THEATRE PRODUCTS
 武内昭・中西妙佳・金森香》
 在庫あり
《リトゥンアフターワーズ/writtenafterwards 山縣良和》  在庫あり


特装本のご購入、お問い合わせはこちらまでお願いします。 sale@ibunsha.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


いま、世界で東京ファッションデザインに熱い視線が集まっている。
本書は、10組のデザイナーによる作品とインタビューで立体的に
構成されたファッションデザイン論です。

通常、書店で販売しております右記の書籍はおかげさまで品切れと
なってしまいましたが、特装本はまだ残っておりますのでよろしけれ
ばご検討下さい。

特装本とは、この書籍に出てくる10組のデザイナーがそれぞれ本の
表紙をデザインした書籍です。
書籍の内容は通常書店にて販売しております右記の書籍と同じです
が表紙がデザイナーによって変わっております。 

【B5変型判 上製カバー装 240頁】
 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】 
・ファッションって何? ―日本ファッションの30年― (成実弘志)
・現代日本ファッションとローカルの伝統 (高木陽子)
・インディペンデント、脱パリコレ、コムデギャルソン。東京ファッションの構成要素 (西谷真理子)
・今日のファッションを展示する―ファッションと建築の新しいコラボレーション (堀元彰)
・会場構成で考えたこと (中村竜治)
・「感じる服 考える服 東京ファッションの現在形」展のための10ブランド展示構成プラン
        Works and Interviews of 10 Brands 参加10ブランドのインタビューと仕事。
・アンリアレイジ/ANREALAGE (森永邦彦)
・h.NAOTO (廣岡直人)
・ケイスケカンダ/keisuke kanda (神田恵介)
・まとふ/matohu (堀畑裕之・関口真希子)
・ミナペルホネン/mina perhonen (勝井北斗・八木奈央)
・サスクワァッチファブリクス/SASQUATCHfabrix. (ワンダーウォーカーゲリラバンド)
・ソマルタ/SOMARTA (廣川玉枝)
・シアタープロダクツ/THEATRE PRODUCTS (武内昭・中西妙佳・金森香)
・リトゥンアフターワーズ/writtenafterwards (山縣良和)
・英訳/English Text
・執筆者プロフィール 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【コメント】
今回の主である10組のデザイナーは、現在東京のファッション界の中でも、とても注目されている
比較的若手の人たちです。その作風はさまざまですが、共通しているのは、企業に所属せずに、
自らブランドを始めたインディペンデントな人たちだということ、そのデザインには、流行を取り入れ
て売れる商品を作るのではない、独自性と真摯さがあること、また、服作り以外の分野への関心を
持ち、それがデザインや発表の仕方に生かされて従来の枠に留まらない世界を築いていることなど
です。ファッションは、ことに日本では、文化として語られることの少ないジャンルです。それは、ファ
ッションというものが単なる消費の対象、あるいは、なくても困らない付加価値としてしか見なされて
来なかったことに起因しているのでしょう。半年ごとに発表され、半年ごとに古びていくものであるこ
とに、一定した評価を与えることをためらう向きもあると思います。しかし、そのシステムの中で鍛え
られ、アイデンティティを探求してきたデザイナーたちの作り出すものには、美術作品とも、デザイン
プロダクトとも異なる、スピード感をともなう魅力があります。
日本のデザイナーたちが作り上げたものを前に、何かを感じ、考えていただきたい、そしてファッシ
ョンについての既成観念が少しでもはがれ落ちることになればと思い、タイトルを「感じる服 考える
服」にしました。 

HOMEへ戻る